2007年09月03日

名古屋戦とフットサル

土曜日は名古屋戦!
中断前の大事な一戦で、
結果的には4対1で
勝ち点3をゲットできました。

しかし、相手主力数名抜けている割には
こちらかなりもたもたしたシーンが目立ちました。

ただ高い連動性の片鱗をみせたシーンもちらほら
でてきたのでおもしろくなってきました。

が、また中断、、、orz

ほかのチームと同じ条件とは分かっていても
悲しくもありますね。

次のマリノス戦も厳しい戦いが続きますが
がんばってほしいです

さて、今日も息子のフットサルについて書きたいとおもいます。

夏休みの特訓?を開始してから、
ゲームでの積極性がでてきました。
とにかくコートの中を駆けずり回っています。
(うまいへたは別にして(-_-;))

かなりヘタレな我が息子ですが、
ひとつだけ他の子よりいい点があります。

それは玉際の強さ、、、というか競った時にマイボールにする力だけはあるみたいです。

これがどこまでサッカーに有利なことかはわかりませんが、
相手の体格の大小や
相手のテクニックにかかわらずマイボールにするシーンをよくみます。

最初は偶然まぐれと思っていましたが、
何度もみるうちに、どうしてもまぐれとは思えず、
本人に問いただしてみると
やはり狙っているとの事。
確かにスピード勝負だと
運動能力の差がでてしまいますが、
キッズのフットサルでは
トップスピードでのドリブルは披露する場がない
(常に密集地帯なんで)
ので、なんとかなっているのでしょう。

大振りをせずにボールをよくみてカットしていることと、
私とのボールの奪いあい練習で、
体(を背にする)をいれるテクが自然と身に付いたのだと勝手に思っています。

奪い取った後のプレイ(ドリブル)は少しずつ練習するとして、
なにより嬉しいことは、

自分より大きな相手や、
上手い相手に臆することなく、立ち向かっていく事で
中には上級生の子に

「チビ(どへた)のくせによってくるな!」

などといわれたり、

競り合いに負けて吹き飛ばされたりしても

すぐに立ち上がって切り替えてプレイしてくれます。
それが一番嬉しい事だったりして。

今日でリフティング練習
8回まで更新したそうです。

天六のメッシさんから
教えていただいたももを使った練習も取り入れていきたいと思います。

つづく
posted by ぴのこ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。